防寒はしっかり

軽くて柔らかいダッフルコートがオススメ

今は真冬と言ってよく、コートが手放せない時期。上着と一口に言っても、ブルゾンやジャケット、トレンチコートなど様々。今回紹介するのはダッフルコートについてです。最近はダッフルコートを着ていないという人も多いかと思いますが、流行の兆しが見えているのだそうです。今風にアレンジされたデザインや着こなし方も登場してきているそうです。ダッフルコートは元はイギリス海軍の制服の上に着るために作られたのだそうです。そのためサイズが大きく、ミリタリー的な要素もあるデザインとなっているのが一般的なのだとか。ダッフルコートの素材としてよく使われているのはメルトンウール。フェルトのようにしっかりと織り上げられているウールの生地です。丈夫で防寒性にも優れている反面、重くて着心地が悪いという特徴もあります。そこで最近ではウールとカシミア混素材のダッフルコートも登場しています。軽くて柔らかく、着心地も良いのでオススメです。改めてダッフルコートを着てみるのも良いのではないでしょうか。

 

ファーアイテムのコーデ

これからの時期にはぜひ取り入れたいファーアイテムの使い方を紹介。シンプルなネイビーのロングドレスはそれだけだとちょっと地味になりがち。そこにラビットファーストールを合わせるとそれだけでゴージャスな印象に。ファーストールは普段のコートやジャケットスタイルの時にもマフラーとして活用できるので重宝します。水鳥ファーケープは毛足が長くボリュームがあるのが特徴ですが、タイトなベアドレスと相性抜群です。ベアドレスだけで着る勇気がなくても、存在感抜群のファーと一緒なら抵抗なく着られるはず。ボリュームのあるファーはスッキリとしたものと組み合わせるとバランスよく決まります。逆にボリュームのあるフレアスカートのドレスなどにはコンパクトなファーボレロがぴったり。場合によっては肩幅が大きく見えることもあるので、小柄な人の方がよく似合うかもしれません。ファーアイテムは使い方を間違えると一気にゴージャスになり過ぎたりするので、全体のバランスを考えて取り入れるようにするのがコツ。